日創研長野中信経営研究会の活動内容や、新規入会希望者様向けの情報を発信。

総務広報委員会

  • HOME »
  • 総務広報委員会

2018年度方針・事業・予算

担当委員長 高橋 隆 担当副委員長 伊藤 知弘 担当副委員長 小松 悟志

【テーマ】

≪積極的な行動で会を活性化しよう!!≫

【方針】

総会は方針や組織を理解し、会員さん一人一人が、各立場で行動し経営知識を吸収する大切な場です。
①例会を魅力ある例会にし、総会への会員さんの参画意識を高める
②例会は時流を知り先見性を磨くことで自社を取り巻くテールリスクを知るための自己研鑽の場とする

【事業計画】

  項目 目標 重要管理点 いつ 何故 どの様に
事業計画 年3回の総会の開催 方針・事業の周知をし、価値感を共有する 参加率100%(委任状・代理出席・SNS参加)の達成 2月・8月・12月 方針や組織の承認と自身の役割を明確にし行動できる 事前告知をして、各自のスケジュールにいれてもらう。メールや電話などで会員一人一人に出席確認を行う
年3回の例会の開催 時流を知り先見性を磨く場とする 参加率80%の達成 2月・8月・12月 学ぶ場の提供により、会員さんの経営知識の吸収の場とする 会内講師等により異業種からの知識を学ぶ。グループディスカッションなどで自社を取り巻くテールリスクを知る。
ナガチュウの発行 会員融和を進め魅力ある会風をつくる 構成の立案と取材日時の確定 3月・6月・10月 活動状況の広報と会員相互理解を深める ナガチュウ係による取材と校正を行う。委員会員が直接取材することで生きた情報を提供する。新規会員さんなど
ホームページの更新 広報活動の活性化 月1回の更新(4月以降) 毎月 例会の実施状況を広報する ホームページ係による毎月の更新を実施する。備忘録に載せる。Facebookも検討。毎月開催の委員会で報告・検討を行う。
備品の管理 規律ある会風づくり チェックリストを使用し、総務広報委員会で確認 毎月 会の備品の紛失を防ぐとともに管理の徹底を行う 委員会内で担当者を決めて、例会終了時に責任をもって確認し、次の例会担当委員会へ渡す
委員会を活性化し、学ぶ場づくりを行う 委員会を通して相互理解を深める 参加率100%の達成 毎月 学ぶ意識を再確認することで委員会の活性化に繋げる 一人ひとりの役割を明確にし、モチベートすることで、委員会活動を活発に行う。会内資源から学ぶ場とする。
PAGETOP
Copyright © 日創研長野中信経営研究会 All Rights Reserved.